×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私立大学の入学金や入ると掛かるお金って?

大学入試の勉強法は、一昔前はみんな同じでしたが今は色々な勉強法がありますね。今旬の勉強法をご紹介。

  • HOME >>
  • 私立大学の入学金や入ると掛かるお金って?

私立大学の入学金や入ると掛かるお金って?

私立大学は高い高いと言われていますが、実際、入学する際にはどの程度のお金が必要なのでしょう?まず、一般的に入学を決めた際には、入学金と初年度の前期分授業料(初年度全授業料の半額)を支払わなければなりません。それ以外に、学校によっては、別途、何らかの名目の寄付金が義務付けられていることもあります。名目としては、施設・設備費といったケースが多いようです。入学金や授業料は、当然、大学や学部によっても違います。同じ大学でも学部によって違いがあり、一般的には文系→理系→医歯系の順に高くなっています。入学金はおおよそ20〜30万円前後のことが多いですが、医科大学では100万円以上かかり、平均的には150万円と言われています。年間授業料は、文系で100〜110万円前後×4年、理系で110〜160万円前後×4年、医歯系で300〜400万円前後×6年となっています。これ以外に、学部によっては、実習費用が年間数十万円掛かるところもありますし、その都度(楽器や絵の具など)、用品代が掛かることもあります。また、教科書代は実費で毎年購入することになりますから、その度に数万円単位での出費になりますね。それに、通学のための交通費や食事代なども必要です。ただ、自宅から徒歩で通えるところに大学がある場合には、交通費は必要ないでしょうし、親元から通ってお弁当を持参すれば食事代などはそれほど掛からないはずです。これらを合計すると、入学から卒業までに学校に支払う費用や授業に必要な経費だけで、約450万円〜700万円程度掛かることになり、医学部では2000万円以上掛かると言われています。

PAGE TOP

私立大学の入学金や入ると掛かるお金って?
Copyright (C) 2014 大学受験の勉強法|今が旬な勉強法はコレだ All Rights Reserved.
レーザー脱毛の方法