×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【国公立大学を目指す】家庭での学習のコツ、ポイントとは?

大学入試の勉強法は、一昔前はみんな同じでしたが今は色々な勉強法がありますね。今旬の勉強法をご紹介。

  • HOME >>
  • 【国公立大学を目指す】家庭での学習のコツ、ポイントとは?

【国公立大学を目指す】家庭での学習のコツ、ポイントとは?

国公立大学を目指す場合の家庭での学習のコツ、ポイントについて、お話します。国公立大学の受験受験勉強は、広く浅くまんべんなくというのが基本です。そのため、ペース配分が何よりも大切になるでしょう。入試に間に合わず、手付かずになってしまったところがないように、計画的に学習を進める必要があるのです。また、得意科目の強化よりも、苦手な科目の点数をいかに上げて、自分の弱点をなくすかが重要になります。例えば、国語が得意で数学が苦手であれば、数学に割り当てる時間を多くしなければなりません。自分一人では、苦手教科の克服が難しいようなら、予備校や家庭教師などに苦手教科だけサポートしてもらうというのもオススメです。そして、学習に対するモチベーションを保つために、最初に苦手な科目を受験勉強して、集中力が途切れがちな後半に得意科目を学習するなどの工夫も大切でしょう。受験までの学習計画を月ごと、一週間ごと、一日ごとに立てて、なるべく計画的に学習を進めることも重要だといわれています。もちろん、模試の結果などを受けて、時にはその学習計画を見直す必要も出てくるはずです。でも、学習計画を立てないで漠然と受験勉強するのと、自分でペース配分やノルマをしっかりと決めて学習するのでは、学習の成果も全く違ってきます。また、質の良い睡眠を寝不足にならないようにとるということも、学習したことを脳に定着するためには必要なことです。それに、一度覚えたことを忘れないために、定期的に復習を行って反復して学習することも大切ですね。

PAGE TOP

【国公立大学を目指す】家庭での学習のコツ、ポイントとは?
Copyright (C) 2014 大学受験の勉強法|今が旬な勉強法はコレだ All Rights Reserved.
レーザー脱毛の方法